HOME > Go to London ビートルズゆかりの地めぐりの旅 / ビートルズ・ツアーの決定版!

TOUR FOR THE BEATLES' LONDON & LIVERPOOL
ビートルズゆかりの地めぐりの旅 / ビートルズ・ツアーの決定版!

ビートルズゆかりの地の名前は聞いて知っていても、
土地感がなければなかなかスムーズには見て廻れないだろう。
この旅では、ロンドンとリバプールのゆかりの場所をできるだけ要領よく、
ビートルズに詳しい現地ガイドと一緒に見て廻ります。

ビートルズ・ファンにとっては、一生の思い出となることまちがいなし。
そして、大好きなビートルズの曲がますます身近なものになることだろう。

ビートルズツアーは個人旅行で手配します。!!

ロンドン&リバプール 7DAYS
(参考プラン)

1日目

東京→ロンドン→マンチェスター
到着後、車でリバプールへ。ホテルにチェックイン。
チェックイン後、フリー。(リバプール泊)

2日目

ビートルズツアー
午前、ホテルでガイドと合流。ゆ生まれ育った家や学校、ストロベリーフィールズ、ペニーレーンなどがある郊外へ。
夜:フリー。(リバプール泊)

3日目

フリータイム
ビートルズショップ、マシューストリート界隈、マージーフェリーの行き来する港などの散歩や、ハードデイズナイトホテルでの食事などでお楽しみ下さい。
(リバプール泊)

4日目

午前、リバプール→ロンドン(鉄道)へ
午後、ホテルにチェックイン。後、フリータイム。 ロンドン観光をお楽しみ下さい。 (ロンドン泊)

5日目

ビートルズツアー
午前、ホテルでガイドと合流。アビイロード、アップル・ビル、メリルボーン駅、ゆかりの場所が多く点在するソーホー地区などを見て回る。
午後、ホテルに戻り、フリータイム。ビートルズ・ショ ップなどでのショッピングや観光でお楽しみ下さい。 (ロンドン泊)

6日目

午前、ホテル発→空港へ。ロンドン発→機内泊

7日目

午後、東京着

ビートルズツアー

【リバプールでの主な訪問予定地と所用時間】
*市内ルート
ホテル→マシュー・ストリート界隈→ピアーヘッド→ビートルズ・ストーリー→アングリカン・カテドラル周辺(インスティテュート、ジョンのフラット、ジ・クラックなど)→オックスフォード産院→ホテル(行程は徒歩)

*郊外ルート
ホテル→都市バスでペニーレーン周辺へ(バス亭、銀行、床屋、ジョンの家/ニューキャッスル・アベニュー)→アビイ・シネマ→ジョージの生家→ST.バルナバス教会→ペニーレーン(ランチタイム)→旧バルナバス教会ホール→ダブデイル小学校→ストロベリー・フィールズ→ミミおばさんの家→ST.ピータース教会→バスでリンゴゆかりのディングル→バスで市内へ(またはホテルへ)
*行程は都市バスと徒歩 *公共の乗り物以外の専用車の手配も可能です。


【ロンドンでの主な訪問予定地と所用時間】
ホテル→ソーホー地区→旧アップル・ビル→メリルボン駅と周辺(映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」のロケ地)→アビィ・ロードとスタジオ周辺→市内かホテルで解散。(行程は地下鉄や都市バスと徒歩)

  • 現地の交通事情などガイドの判断で、行程や道順が変更される可能性があります。
  • ビートルズゆかりの地めぐりの際はガイドが案内しますが、それ以外はご自身での行動になります。
  • フリータイムを加える、他の都市も加えるなどスケジュールや日数の増減が可能です。

BEATLES TOUR
 ーー5月のツアーは10月に変更します。概要作成中。ーー

 
 1970年、4人は『レット・イット・ビー』を残してビートルズという旅を終えたが、我々の旅はそこから始まった。まるで青い鳥を探すかのようにビートルズの影を追い求める旅だ。ほんとうはもういないと分かっているのに、それでも、いつか見つかるかも知れないと思いながらのあてのない旅。そして、気がつけば50年もの歳月が流れていた。それは、まさしくロング・アンド・ワインディングな道のりだったけれども、あっという間の出来事のようでもあった。しかし、我々はまだここで足を停めているわけにはいかない。きっと生きている間、この旅は続くのだろう。ビートルズは永遠だから。
 さあ、そして、気鋭の研究家藤本国彦氏と行くビートルズ・ツアー。
今回は『レット・イット・ビー』が発売された’70年5月から50周年を記念しての特別企画。移動のバスの中で作品をテーマにした講義が行われるほかできるだけ沢山のビートルズゆかりの場所を訪ねます。


2020年5月28日~6月4日(8日間)

5/28
(木)

- 羽田発。午後、ロンドン着。
ホテルチェックイン後ガイダンス。(ロンドン泊)

5/29 
(金)

ロンドン滞在 - 終日市内のビートルズスポットを徒歩と地下鉄で回ります。
ピカデリー・サーカス、プリンス・オブ・ウェールズ劇場、ソーホー、
トライデント・スタジオ、MPL、アップルほか多所。 
夜散歩、テームズ河畔など自由参加。(ロンドン泊)

5/30
(土)

ロンドン滞在
午前 - アビイ・ロードへ。スタジオと横断歩道、マッカートニー邸。
午後 - 市内のビートルズスポットを徒歩と地下鉄で回ります。
   メリルボーン駅と周辺、アップル・ブティック跡、
   元リンゴのアパート ジェーン
アッシャーの家EMIビル跡など。
夜、フリータイム。(ロンドン泊)

5/31
(日)

ロンドン~リバプール
午前 - トゥイッケナム・スタジオ、ヘルプのロケ地、
   チズウィック・ガ-デンなど。

午後 - ヘンリー・オン・テームズ経由リバプールへ。 (リバプール泊)
   途中、藤本先生による「レット・イット・ビー」特別講座。

6/1
(月)

リバプール滞在
終日市内のビートルズスポットを徒歩で回ります マシューストリート、
マージー河畔、アルバートドッグ、学校、病院、 イェ・クラック、
ビートルズ・ストーリーほか多所。 
夜、キャバーン・クラブ。(リバプール泊)

6/2
(火)

リバプール滞在 - 専用車で郊外のスポットを回ります。
ペニーレーン、ストロベリー・フィールド、ジョンの家、ポールの家、
ジョージの家、リンゴの家、教会、学校ほか多所。   
夜、フリータイム。ゆかりのパブなど自由参加。(リバプール泊)

6/3
(水)

朝 - マンチェスター空港からロンドンを経由して帰国の途へ。(機内泊)

6/4
(木)

午前 - 羽田着。

◆滞在中は藤本国彦氏と現地とビートルズに詳しいスタッフが同行します。
◆現地交通事情などに応じてガイドの判断で行程はフレキシブルに対応します。
◆ビートルズスポットを効率よく、かなりマニアックな場所も巡ります。

 旅行代金:375,000円 (予価)

  ※最小催行人数   20名
 ※申込締切暫定日  4月20日

 旅行代金に含まれる内容

●英国までのエコノミークラス往復航空運賃
 英国航空利用予定
●ロンドン:ノボテル・ロンドン・ウエスト・ホテル予定
 リバプール:ブリタニア・アデルフィ・ホテル予定
 ※一人部屋利用希望の場合は別途料金。
 ※一人参加の方は他の方とのルームシェアも可。
●行程上の団体での移動費用
 ヒースロー空港~ロンドン市内への専用車
 オイスターカード(ロンドン市内交通カード2日分)
 ロンドン~リバプールへの専用車
 リバプール郊外ツアー時の専用車
 リバプールのホテルからマンチェスター空港への専用車
●行程上のガイド費


 旅行代金に含まれない費用

●パスポート取得などの渡航手続き費用
●日程上に記載のない移動費
●超過手荷物料金
●電話代、クリーニング代など個人的諸費用
●空港税、燃油チャージ
 48,500円(2月1日現在)
  (為替レートにより変更になる場合があります。)
●傷害、疾病に関する医療費など
●海外旅行保険代
  (旅行中の病気、事故、盗難などに備えて必ずご加入ください)


 お申し込みから出発までの手続きの流れ

1) まず電話でお申し込みください。(あるいはご来社ください。)
2) 予約確認書、旅行条件書、申込書など必要書類をお送りします。
3) 申込書提出、申込金(70,000円)の支払い。
4) パスポート有効期限の確認。まだの方は取得。
5) 残金(申込金を差し引いた額)支払い。
6) 海外旅行保険加入。
7) 外貨交換など。
8) 最終書類の受取。
9) 出発。




企画・主催: 藤本 国彦/Fabgear
詳しくは、オアシスツアーまで、お問い合わせ下さい。

◆受付時間[月曜日〜金曜日]12:00〜19:00
パンフレットをお送りします。TEL :  03-3405-7668
ビートルズゆかりの地をめぐる旅
ビートルウィーク


1日目

成田→ロンドンへ
夕方、到着後ホテルへ。
チェックイン後、フリー。(ロンドン泊)


2日目

午前:フリータイム
午後:アビイロード、アップル・ビル、メリルボーン駅、
ゆかりの場所が多く点在するSOHO地区などを見て回る。 (ガイド同行) 
夜:フリー。(ロンドン泊)
3日目 ロンドン滞在
フリータイム(ロンドン泊)


4日目

朝:ロンドン→リバプールへ移動。ホテルにチェックイン。
午後:キャバーン・クラブがあるマシュー・ストリート界隈、
ゆかりの学校、病院、パブなどがある地区など。
夜:フリー。(リバプール泊 )


5日目

リバプール滞在、終日フリー。
ビートルズ・コンベンションなど各種イベントへの自由参加。
(リバプール泊 )


6日目

リバプール滞在
ペニーレーン、ストロベリーフィールドを中心に少年時代を過ごした家や学校等を見て回ります。その後、フリー。

ライブハウスやクラブ.イベントなどをお楽しみ下さい。(リバプール泊 )


7日目

朝:リバプールや→マンチェスター空港→ロンドン経由→帰国の途へ。
(機内泊)
8日目  午前、成田着。

LinkIconBEATLE WEEK


ビートル・ウィーク 2020
( 8月26日~9月1日 )

 

BEATLE WEEK TOUR

例年8月末ビートルズのふる里リバプールでは、彼らにちなんだ『ビートルズウィーク』というフェスティバルが催される。世界各国からのたくさんのトリビュート・バンドのライブが市内のあちこちのクラブ、パブ、ライブハウスや野外特設ステージで見られるほか、ビートルズ・コンベンションの会場ではレコードやメモラビアの市が開かれたり、ゲストによるトークショーが見られたりします。
リバプール市をあげての一年に一度のこのフェスティバルは年々知名度をあげて、最近では30万人もの人々が集まる大規模なものに成長しました。
LinkIconBEATLE WEEK



1人からでも出発できます。
旅費はその都度見積りします。
(利用航空会社、利用ホテル、
旅行日数などで料金は変わります。)


  詳しくは、お問い合わせ下さい。パンフレットをお送りします。
  TEL: 03-3405-7668

ロンドン&リバプール、ビートルズゆかりの地めぐりの旅

ビートルズツアーは個人旅行で手配します。
空港⇆ホテル、ロンドン⇆リバプールの移動の交通チケットなども必要最低限つけて&移動や観光に便利なロケーションの過ごしやすいホテルを選びます。
慣れない一人の海外旅行でも、スムーズにビートルズスポットを網羅できて最大限楽しめるように手配します。
ご希望を詳しくうかがって参考プランを作り、旅行代金をお見積りします。The Beatles' London&  Liverpool. ロンドンとリバプールの「ビートルズゆかりの地」をめぐる旅の手配はお任せ下さい。
TEL: 03-3468-3388


ツアーではなく、個人旅行での参加者ための事前ガイドを常時行っております。
詳しくは、オアシスツアーデスクまでお気軽にお問い合わせ下さい。色々資料なども閲覧出来ます。

★PR★





THE COMPLETE GUIDE
TO BEATLES’ UK RECORD
ビートルズUK盤コンプリート・ガイド
井上ジェイ = 著 / 保科好宏 = 監修

ビートルズのイギリス(UK)盤レコードは、年々希少価値が増大し、マニアにとっては垂涎の“宝物”的存在となっている。そうしたなか、60年代に発売されたオリジナル盤が市場に出回る数は減り続け、貴重なレコードはコレクターの取りあいともいえる状況を生みだしてもいる。本書は、30年以上もの間、ビートルズのコレクターとして日本のみならずイギリスのレコード店にも足を運び、ビートルズのイギリス盤の詳細について研究しつづけてきた井上ジェイ氏が、レーベルのちょっとした違いや形状、レコード袋など、これでもかとばかりにくまなく調べ上げ、徹底的に解説したマニア待望の 1冊。

★ご購入はこちら★

THE COMPLETE GUIDE
TO PAUL McCARTNEYS UK RECORDS
ポール・マッカートニーUK盤コンプリート・ガイド
井上ジェイ・藤本国彦=共著

ビートルズのデビュー以来、第一線で活躍を続けてきた稀代のメロディ・メイカー、ポール・マッカートニー。1970年の初ソロ・アルバム『マッカート ニー』から最新作『NEW』(2014年)まで、ビートルズ解散後にポール・マッカートニーが発表した全LP・シングル・CDほか関連レコード、ボック ス・セットなどイギリス・オリジナル盤を中心に計300作品以上を完全網羅したマニア待望の一冊。『ビートルズUK盤コンプリート ガイド』に続く姉妹編。

★ご購入はこちら★

THE COMPLETE GUIDE
TO GEORGE HARRISON’S UK RECORDS
ジョージ・ハリスンUK盤コンプリート・ガイド
井上ジェイ・藤本国彦=共著

世界で初めてビートルズのイギリス盤を完全網羅し、マニアを唸らせた“ビートルズUK盤コンプリート・ガイド”シリーズの第3弾。
ジョージ・ハリスンがビートルズ活動中に発表した初のソロ・アルバム『不思議の壁』(1968年)から遺作『ブレインウォッシュト』(2002年)までの オリジナル・アルバム(ボブ・ディランらと組んだトラヴェリング・ウィイルベリーズも含む)のほか、全LP・シングル・CDほか関連レコード、ボックス・ セットなどのイギリス・オリジナル盤に加え、参加レコードとジョージが設立したダーク・ホース・レーベルの全作品を含め計250作品以上を完全網羅したマ ニア待望の一冊です。

★ご購入はこちら★

サージェント・ペパー
マイク・マキナリー/ビル・ディメイン/ギリアン・G・ガー共著 
野間けい子訳
藤本国彦/井上ジェイ監修 
河出書房新社刊

あるようでない本。まず一言で言うと、そうなる。  
『サージェント・ペパー』は67年の発売以後、20世紀の名盤と言われ続けているが、音楽的な側面で語られることが多い。だが本書は、なぜ この世紀の名盤が生まれたのかを時代背景や制作過程を丹念に追いな がら解き明かしている。しかも、これまでに見た事のない写真や資料、それにメンバーや関係者の発言も交えながら、である。
最高峰の『サージェント・ペパー』物語の登場だ。 藤本国彦

50年は半世紀。当時生まれた人はなんと50才ということか。
これが物なら骨董品の類いになるかもしれないが、『SGT.ペパーズ~』というお皿(ディスク)はいまだに売れ続けている。なぜだろう? この作品の素晴らしさをここまで細部にわたって解説したものは ほかに見当たらない。貴重でめずらしいビジュアル資料も満載。
マニアでなくともお宝の一冊になること間違いなし。 井上ジェイ

★ご購入はこちら★